中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

中四国エイズセンターについて

ABOUT OUR CENTER

中四国ブロック連絡協議会

中国・四国
ブロック連絡協議会のご報告

令和元年度
第1回中国・四国ブロック
エイズ治療拠点病院等連絡協議会

2019年11月21日 開催
場所:メルパルク広島 6階 瑞雲(広島市中区)

協議会プログラム

1. 開会(14:35〜14:40)

あいさつ(広島県健康福祉局長)

2. 報告(14:40〜15:10)

「中国・四国ブロックのエイズ対策について:広島大学病院で行っていること」

広島大学病院
 エイズ医療対策室長 藤井輝久

「中国・四国ブロックのエイズ対策について:歯科領域での研究成果」

広島大学病院
 口腔検査センター 新谷智章

座長:県立広島病院 総合診療科・感染症科部長
 宮本真樹

3. 「患者からの提言」(15:10〜15:40)

地域原告団

4. 休憩(15:40〜15:50)

5. 講演(15:50〜16:20)

「血液凝固因子製剤に起因するHIV感染症患者に対する医療費の取扱いについて」

厚生労働省健康局結核感染症課エイズ対策推進室
 室長補佐 中山美恵

座長:広島大学病院
 エイズ医療対策室長 藤井輝久

6. 特別講演(16:20〜16:50)

「今年度の話題」

国立研究開発法人国立国際医療研究センター
エイズ治療・研究開発センター
 医療情報室長 田沼順子

座長:広島市立広島市民病院
 副院長 岡本良一

7. 閉会

ブロック協議会報告一覧へ戻る
スマートフォン版PC版