中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

【第9回中国四国地方エイズ診療 医師のための研修会@広島大学病院】を開催!!

 
お久しぶりです。クリッカー担当としても戦力に?が付いてしまうヤマサキです…。それなら誰かあのめんどくさい、手順を1つでも間違うと後のスライドが全く機能しなくなるあのじゃじゃ馬ソフトを使いこなしてみんかい!!と愚痴を言うのは置いときまして…今年も719日に医師研修会を行いました!!(スタッフ間の仲が悪いわけではないのであしからず(笑))
 
今年はクリッカーは使わずに、グループディスカッション形式が復活し、私ヤマサキは名実ともに戦力外ということで、会場準備などなど黒子に徹する1日となりました(汗)今回は8名の先生方にご参加いただきました。毎度の事ながらせっかくの連休ど真ん中で、天気のいい中薄暗い部屋に閉じこもっての研修お疲れ様でした。部屋は薄暗かったのですが、研修を受ける先生方の様子は明るかったのでスタッフとしては大満足でした。
開会の挨拶の様子がこちら。室長のありがたいお言葉に頭が上がらない様子の1枚というわけではありません(笑)
P1040212
 
 
 
 
 
 
 
研修会の内容としては東京医科大学病院の村松崇先生の「HIV感染症の基礎知識、最新治療」、ワークショップで「典型的な日和見疾患の診断・治療」、ロールプレイで「検査の進め方と告知の仕方」の3本立てでした。
それぞれの様子が以下になります。
キャプチャ1
 
 
 
 
 
 
 
村松先生は一般的なことから最新の治療に関して熱く講義いただき、私ヤマサキも「そうなんだ!」と思うことが多々あり、充実した時間であっという間に終わりました(特にHCV抗体陰性なのにウイルスが検出される症例があることに驚愕でした)。若干講演時間はオーバーしてしまいましたが、それを感じさせなかったのはしゃべりのうまさがあったからでしょう。村松先生お疲れ様でした。
 
P1040220
 
 
 
 
 
 
 
講演の後は恒例のお好み焼きタイム。お好み焼き大好きなヤマサキは、写真を撮られているのも全く気付かない程がっついていました(汗)撮るなら撮ると言ってくれれば「青のりスマイル」を提供したのに(笑)(←その場合公の場にはアップ出来なくなりますがね…
 
腹ごしらえが終わってからはグループディスカッションです。「どうせHIV関連の疾患だからそれを思ってやればいいんでしょ?」というスタンスの方は見受けられず、皆様現病歴や身体所見から様々な鑑別疾患を挙げる真摯な態度に感動したと同時に、どうしてヤマサキはそんなにスレてしまったんだろうと反省した次第です。
P1040222
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にロールプレイです。例年一番盛り上がるところ?ですね。皆様役者志望であった時期があったのと思うほど目が輝いておられました。
キャプチャ2
 
 
 
 
 
 
 
こちらはヤマサキがチューターをしたグループの風景です。HIV検査を勧める場面で、左はフランクな患者役で、右が一生懸命検査を勧める皮膚科医役です。患者は梅毒治療しか興味がなくHIV検査は「別に~。それより梅毒の治療早くしてよ~。」と言うのですが、めげずに「あなたのことが心配だから」ということでHIV検査を勧めているところです。日常診療でありそうな雰囲気であり、それぞれの役を演じた方やそれを見ていた方双方が勉強になったと思います。
P1040232
 
 
 
 
 
 
 
こちらはもう一方のグループのロールプレイ風景です。村松先生が見入っているのが印象的な1枚ですね。みんな始めは恥ずかしがるのですが、最後はスタッフが見入ってしまう程というのが伝わるのではないでしょうか?  
 
楽しい研修会はあっという間で、研修会時間がギリギリとなったため、巻きで行っている終了賞授与の風景です。手元やお辞儀が残像になっているところがいかにも!!という感じですね(笑)
キャプチャ3
 
 
 
 
 
 
 
嘘です。確かに巻きで行いましたが、代表者1人だけ修了証授与を行い、以下略のパターンで執り行いました。濱本プロカメラマンの技術向上を切に願う今日この頃です(汗)
とにもかくにもご参加いただきました先生方、大変お疲れ様でした。今後の診療に活かしていただければ大満足ですし、困ったことがあればエイズ対策室にコンタクトを取りやすくなっただけでもこの研修会を開催した意義はあるのではと考えています。今後ともエイズ対策室をよろしくおねがいしますね。
今回のブログはこれでおしまい。 
ヤマサキ

2015/07/27
Category: - 研修会・会議・講演等

6月27日HIVカウンセリング研修会(初心者向け)をしたんよ!

みなさまこんにちは。
 
 
気がつけば・・・久しぶりの投稿です(汗)
 
今回は、6月27日(土)に開催された「H27年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)」の報告です!
今年は前日までヒヤヒヤでした。。
というのも、医師の講義をお願いしていた藤井先生が前日まで学会で海外出張だったのですが、数日前に「飛行機が遅れて間に合わないこともありうる」と言われまして・・・
26日の夕方藤井先生から電話があったときはほっと胸をなでおろしました。とはいえ、先生にはハードスケジュールになってしまいました。(先生、ありがとうございます!講義も好評でした)
DSC00175-1
 
 
 
 
 
 
 
続いて、当院のカウンセラーの喜花よりHIVカウンセリングについて講義がありました。チーム医療における心理士の役割、実際の動き方、アプローチの工夫などこれからチームで活動しようという方にとって、具体的でためになるものでした。
午後は、広島文教女子大学の松髙由佳先生より、「性の多様性と心理的支援」というテーマでお話いただきました。松髙先生は、長年派遣カウンセラーとしてHIV陽性者への支援に関わる一方、セクシュアルマイノリティの心理的支援のためのカウンセラーのあり方について多くの研究を行ってきている方です。講義では、セクシュアリティの概念、性の多様性からカウンセラーにとって必要な知識や態度まで幅広くお話してくださいました。今HIV陽性者の支援に関わっていないカウンセラーにも有意義な講義だったと思います。DSC00190-1
 
 
 
 
 
 
 
今回の参加者のみなさん、控えめな感じかなーと思っていましたが、途中のグループワークは各グループとても話が盛り上がっており、話し足りなかったのではないか?と思ったくらいです。私もグループワークに参加したのですが、講義を聞くのとはまた違った、体験することで新たに発見することや改めて実感することがあり、とても勉強になりました。
グループワークのおかげか、続いた事例検討も活発なディスカッションが繰り広げられておりました。
梅雨時期の開催でしたが、幸い天候にも恵まれ無事に研修会を終えることができました。参加者の皆さま、ご協力くださった講師、スタッフの皆さま、ありがとうございました!
ほっとしたのもつかの間・・・8月1日~2日には第1回HIV/AIDS専門カウンセラー研修会が待っています。こちらは派遣カウンセラーや拠点病院勤務の心理職・福祉職を対象としており、より専門的かつ実践的な内容になっております。伝統のある?ロールプレイは今年も健在です!初心者向けに参加された方はぜひこちらもご検討ください(今年は締め切りましたが・・・)
終わったらこちらも報告したいと思います。
 
(浅井)
 
 
 
 
 

2015/07/15
Category: - 研修会・会議・講演等

ACC・ブロック拠点病院HIV/AIDSコーディネーターナース会議に行ってきたんよ☆

kumaおじぎ
みなさん、こんにちは!
ブログでは、はじめましてになります、今年4月からチームに加わりました城下です。地元熊本の病院でICU看護師として2年勤務したあと、再び大学時代お世話になった広島に戻ってきました。どうぞよろしくお願いいたします。
 
記念すべき初の投稿では、これまた初めての研修について書こうと思います。6月5、6日にあり、私は6日に参加させて頂きました。
ipp
5日は、看護管理者会議で、小川さんが『平成26年度「HIV/AIDS看護体制に関する調査」中間報告』の発表をされました。
これは発表前の場面でしょうか、小川さんお疲れ様でした。
 
 
 
 
 
続いて、6月6日、HIV/AIDSコーディネーターナース フォローアップ研修です。研修内容は、ファシリテーションスキルについてで、「参加型」研修を体験してきました。私はというと、研修で県外に行くのも初めて、ブロック拠点病院の方々と会うのも初めて、本当にドキドキしながら行って参りました。(そして田舎者の私は東京の人の多さに圧倒され、ACCに着くまでに既にへとへとでした、、笑)
 
体験① オリエンテーション
グループサイズを、「隣の人」から「ペアを合わせた4人グループ」、これをばらした「小グループ」、と、どんどん増やしていくことで、緊張が解れ(一番緊張していた自信があります笑)、意見を出しやすくなることを体感しました。
 
体験② ブレーンストーミング
ブレーンストーミングとは、集団でアイディアを出し合うことによって、相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法(Wikipediaより)で、今回は「コーディネーターナースとして思うこと」をテーマにグループで話し合い、時間制限の中で出た意見の数を競いました。批判は厳禁、というルールの下で、時間制限あり、勝負あり、ということもあってか、たくさんの意見が出て、そしてどれも率直な意見ばかりでした。
 
体験③ 話し役と聞き役
質問の技カードというものを用いて、主にオープンクエスチョンを使った対話をしました。カードには、「~というと?」とか「ほかには?」などの例が挙げられ、「エピソードを教えて下さい」は必ず使うことになりました。話の流れと合ってないよなーと思いながらも、「エピソードを教えて下さい」と言うと、話し役の人は少し困った顔をしながらも、何か話して下さいました。そして、その話は、とても具体的で情景を共有でき、一気に親密になっていくのが分かりました。
 
さいごに、
↓これが私の振り返りです。(聞き役の人がホワイトボードに書いてくれました)黒:今日の感想 赤:印象に残ったこと 青:これから活かしていくこと
IMG_0102
 
 
 
 
 
 
 
各項目、1分程度の時間制限があり、考えをまとめる暇もなく慌てて喋っていましたが、これが研修直後の素直な感想なのだと思います。
 
そして、
「カタルタ」というものを用いて、感想を言い合いました。↓こんな感じのものでした。絵心がなくて非常に申し訳ないのですが(笑)、最初に感想を一言で言って、出てきたカルテの接続詞に合わせて文を繋げていきます。3枚目のカルテでしめるのですが、予期せぬ接続詞ばかり出て爆笑しながらも、なぜか自然にまとまっていく感じを味わいました。
カタルタ2
 
 
 
 
 
 
 
たとえば、、、楽しかったです、「せめて」今日学んだオープンクエスチョンの1つだけでも使えるようになりたいです、「それはさておき」最近は雨ばっかりで地元の熊本が報道されるたびに心配になります、「そもそも」梅雨はあまり好きじゃありませんが憂鬱な天気に負けず頑張ります!  みたいな感じでしょうか。ぜひみなさんも試してみて下さい。
 
学生の頃、ファシリテーターは何度か経験したことがありましたが、こんなにたくさんのスキルがあることは知りませんでした。今後のアクションプランとして、これから看護面談で患者さんと1対1で話していく場面が増えていきますが、体験③で学んだオープンクエスチョンを活かしていきたいと思います。
 
☆余談☆☆☆
研修の帰りに虹が、、、!☆
ipp
 
 
 
 
 
見えますよね? 笑  きっといいことが起こる前触れだと信じて!これからも一生懸命頑張ります☆
 
このブログにも度々登場すると思いますのでどうぞよろしくお願いします。ここまで読んで頂きありがとうございました。
ではまた!
(城下)
 

2015/07/02
Category: - 研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版