中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

カウンセリング研修会(初診者研修)を開催★

みなさま,こんにちは。
カウンセラーの杉本です。
4月に投稿してはや6か月が過ぎてしまいました…(´・ω・`)
最近,カープが25年ぶりに優勝したり日本シリーズ進出が決まったり広島は大盛り上がりですねー(*‘∀‘)
この調子でぜひ日本一を目指していただきたいっ!
そして,優勝セールをやってもらいたいっ!(←結局,これ…)
…( 一 一)
気を取り直して,『平成28年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)』を11月8日に開催しましたので,ご紹介。
(初心者向け)というタイトルが含まれているの…お気づきになりました?
現在,HIV医療に携わっておられない方にもHIV医療について知識を習得し,今後の業務に活かしていただきたい!という思いがあり,このような研修会を毎年開催しています。
 
<講義内容>
「HIV/エイズの基礎知識」   講師:藤井輝久先生
「臨床心理士に期待すること」  講師:藤原良次先生
「HIVカウンセリングについて」  講師:喜花伸子先生
といった内容で開催しました。
毎年,テーマを決めていますが今年はズバリ!
身体疾患と心のケア
心理職はつい『こころの状態』に注目してしまいますが,『身体疾患』の領域でも心理職のニーズがあり,実際どのようなケアを行っているかをご講義いただきました。
その講義の様子を一部ご紹介。
 
dsc00433
 
 
 
 
 
藤井先生の講義
HIV/AIDSの基礎知識として,HIVのいろはを心理職でも理解できるようお話ししていただきました。
 
dsc00436
 
 
 
 
 
藤原先生の講義
広島ではHIV医療チーム結成初期のころから心理士が一員としてかかわっていました。
これまでの経緯からこれからに期待することまで幅広くお話ししていただきました。
アンケートでも「心理に対する思いが聞けてよかった」という意見が多くありました。
 
 
dsc00439
 
 
 
 
 
そして,なんといっても今年初☆の試みとして,ランチョンを開催しましたー!
参加者,スタッフも一緒にお昼をともにしながら,色んなお話しをしました(^^♪
今回,広島といえば『お好み焼き』ですよね!
その中でも『府中焼き』というお好み焼きをチョイスしました。
話しが盛り上がりすぎて時間を忘れてしまうほどでした。
 
その後,喜花先生のHIVカウンセリングについての講義もあり事例検討も行い,盛りだくさんの研修会となりました。
少しでもHIV医療のことを知っていただき,日々の業務の中でも活かしていただけたらイイナ・・・(・ω・)ノ
今年度,まだまだ研修会を開催する予定ですので,またご報告しますねー。
以上,すぎもとでした。
ちゃん,ちゃん♪
 
 

2016/10/21
Category: - 研修会・会議・講演等

第10回中国四国地方エイズ診療医師のための研修会開催!!

またまたヤマサキです。
ほぼ連投に近いからやっぱり仕事をサボってたんじゃないかって?
いやいや…そもそもブログ書くのは本当は仕事じゃないからね(汗)
じゃあ今暇なのかって?
いやいや…10/13~15にある血液学会のためにポスター作製とかしないといけないからむしろ忙しいんですって…(大汗)
ということで余談はこれくらいにしておきまして、今回は件名の内容での報告です。
研修会は2016年9月18日(日)に開催されました。対象者はズバリ医師!多忙を極める職種であるため、3連休のど真ん中で例年開催しています。3連休くらいは休みたいとの想いが強いはずですが、今回も7名もの志高き先生方に参加していただきました。本当にありがとうございます。
しかも今回で第10回という記念すべき日でした。第10回と言いますと1年に1回しか開催していませんので、開催し始めてから10年目ということですよ!不断の努力といいますか、地道に草の根運動を続けてきたというか、そのおかげでHIV診療に対して理解を示してくださる医師が昔と比べてかなり増えていると実感します。
今回の研修会の総合司会は齊藤先生でした。
p1040886
 
 
 
 
いきなり各地域から集まっていきなり講習を受けるというのも味気ないし、後に控えたワークショップ形式の講義やロールプレイのこともあり、まずは自己紹介および今ハマっているものを紹介し合うアイスブレイクから始めました。
自分のハマっているものは何だろう?と考えたときに、「特にないです。生ける屍です。」と正直に言うのもまずいと思い、ハマってはいないですが普段やっていることを述べてその場を乗り切りました(泣)
p1040891
 
 
 
 
自分が写っている写真を見て毎回思うのですが、まぁひどい猫背ですね。見目麗しゅうないです(苦笑)
アイスブレイクの後から講演開始です。
内容に関しては写真の通りです。
p1040889
 
 
 
 
講師は南奈良総合医療センター感染症内科の宇野健司先生に行っていただきました。お顔立ちはこちら。
p1040898
 
 
 
 
優しそうなオーラが出ていますよね。実際に優しい人でした。
講演の内容も深くHIV診療に携わっていない方でもスッと入ってくる内容で非常に分かりやすくて、受講者からの評価もよかったです。ちなみに手元がぶれていますが決して手話で講演をされたわけではないので悪しからず。今回引き受けていただきありがとうございました。
そして昼食(お好み焼き)を挟み、いざワークショップ!
食後の昼下がりで眠たくなるところですが絶対に何か話さないといけない環境なので、その心配はございません。見てください、この活気あるディスカッションを!
p1040905
 
 
 
 
このテンションを保ったままロールプレイに入れましたのでギクシャク感もそこまでなく出来たのではないでしょうか?
写真はピンボケしててシャッター押した人がギクシャクしていました(汗)比較的最近のデジカメで撮影しており、オートフォーカス性能もいいはずなのですが、画面内のどこにもフォーカスが合っていないのは逆に達人かもしれないですね(苦笑)
つつがなく研修会は終わりへと近づき、修了証授与。
p1040908
 
 
 
 
そして最後に記念の集合写真を撮って研修会終了となりました。
先にも述べましたが今回は節目の第10回でした。第15回、第20回と今後も開催していけたらと思っていますが、その反面HIV診療はどの医師も携えておくべき基本的な知識であり、このような研修会が必要のない時代になればいいなとも願っています。
願うだけでは何にも変わらないので今後も頑張っていきますけどね。
とりあえず直近の頑張らなきゃいけない事…そう、血液学会のポスター作成に取り掛かります。ではまた!
 
ヤマサキ

2016/09/30
Category: - 研修会・会議・講演等

平成28年度四国地方の診療医師及びスタッフのためのHIV講習会を開催!!

お久しぶりです。ヤマサキです。
ちゃんと生きてましたよ。
誰だ!仕事をさぼっていただろうといった奴は!
陰ながら室長を始め、スタッフを支え続けておりましたよー。
そんな縁の下な存在の私が件名にもあるように高知で開催する講習会に出席しました。しかも、総合司会として!!
ついに表舞台に立つ時がやってきました。ガラスハートでノミの心臓なチキンが突然の総合司会などが務まるのかという懸念はありましたが、それよりも心配なことがあったため、そのことは開催されるまで忘却の彼方でした。
何がそんなに心配だったかって?それは台風12号の行方です。
当初は開催日時の9月4日に中四国を直撃するような予定でしたので、ヤマサキらスタッフは瀬戸大橋を渡れない可能性があり、ひやひやしておりました。幸いにも台風の進行速度は大幅に遅れたため、無事HIV講習会を開催出来ました。
1
 
 
 
 
 
開始時間が13:00ということで、余裕をもって11時台に開催場所である高知会館に到着。昼ご飯をどうしようかと考えたところ、あるスタッフが「ひろめ市場でかつおのたたきとか食べて来られてどうですか?やっぱり現地の物を食べないと!」との助言あり、しばらくして来られた藤井室長とともにそちらに食べに行くことに。市場だけどそこで購入した刺身やカツオのたたきなどをその場で食べられるようにテーブルが設置されており、アルコールも飲めるとのことでそこは大盛況。カツオのたたきや寿司等を購入し、市場内をグルグル回るもテーブルは満席…。その場で食べることをあきらめて、大橋通り入口まで歩いていくと真ん中にベンチが設置されているではありませんか!(下図の矢印)
2
 
 
 
 
 
 
室長はすぐさまそのベンチを指差し、「ここで食べよう!」と発せられました。私は外国での生活経験もなく、ピクニックも正直そんなに…な感じの人で、人目にさらされるのが何よりも苦手なので躊躇はしましたが、明確な立場の差がありましたので抗うことなく着席。確実においしそうな食材を口に運び、確かにおいしいと感じた。しかし…、人目が気になりすぎて十分には味わえませんでした。この状況で無邪気に「おいしー!!」などと言える奴はいるのでしょうか?!この恥辱、たぶん一生忘れません。
開催時間も迫っていましたので足早に高知会館へ向かっていると、台風の影響なのかゲリラ豪雨に遭遇。ほんの数分でしたがびしょ濡れになってしまいました。まさに踏んだり蹴ったり…。「これがお前(ら)のやり方か~~~!」とひろめ市場を提案したスタッフに言ってやりたくなりましたが、きょとんとされるのがおちなのでここは控えておきました。
おっと、メインはHIV講習会の内容を皆様に発信すべきなのに前置きが長くなりすぎました(汗)
会場の様子はと言いますと、かなりの悪天候の中、講習会開始時点でこんなにもHIV診療に携わる医療従事者の方々にお集まりいただけました。誠にありがとうございました。なお、下の写真の中にヤマサキが必死に司会進行を務めておる姿が映っておるのですが、小さすぎて全く分かりませんね(苦笑)
3
 
 
 
 
 
開会の挨拶を高知大学医学部付属病院の武内世生先生によってつつがなく執り行われまして…
4
 
 
 
 
 
兵庫医科大学血液内科の澤田暁宏先生が「簡単に分かるエイズ診療」との題で基調講演をされました。1時間という限られた時間の中で、疫学・基礎・症状・治療・合併症すべてを収めるのは非常に困難を極めるとヤマサキは思うのですが、そこはさらりとまとめ上げ、かつ分かりやすくご講演されておりました。流石です!澤田先生!
5
 
 
 
 
 
その後には広島大学のスタッフである齊藤先生とヤマサキが澤田先生の講演を踏まえて「症例から学ぶエイズ診療」との題で、問題を解いていただく形で知識の定着を図り…
6
 
 
 
 
 
小休憩を挟んでグループに分かれてのロールプレイを行いました。
7
 
 
 
 
 
やはりこのロールプレイ、最初から心をオープンにしている人は多くないので、どこかしらギクシャクした感じがありますね。しかし、何回かこなしているうちに皆様ともに名俳優・名女優になられるのがあら不思議!?と言ったところでしょうか。ギクシャクした時間がもっと短ければもっと有意義なロールプレイになると思うので、今後の課題とさせていただきます。
基調講演・症例提示・ロールプレイの予定時間が多少前後しましたが、17:30には予定通り藤井室長の閉会の挨拶で講習会を締めくくることが出来ました。
帰りの時間に台風が直撃して瀬戸大橋を渡れなくなるというオチもなく、これにて報告終了!!
えっ?!
講演会の内容は写真に頼り過ぎだし、文字で発信している情報量はそれ以外のことが多いんじゃないかって?
まぁまぁ、そう言わずに…(大汗)
そういうのもたまにはいいんじゃないかということで、次回乞うご期待!
 
ヤマサキ

2016/09/28
Category: - 研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版