中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

オンライン研修もええねと思うたんよ

みなさん、どうされよってかね。
心理師の喜花です。
今回は、本文も広島弁で書いてみることにしたんよ。
がんばって書いたけえ、読んでみんさいや。

みんな、コロナ禍で仕事やら何やら大変じゃろうね。

この1年、うちらも中国四国ブロックの研修会をやるかどうか、ぶち迷ったんよ。
研修会のせいでコロナを広げたらおおごとじゃけえね。

いっつもやりよった研修会を何個か中止にしたんじゃけど、
それでええんじゃろうか、なんもせん訳にはいかんじゃろうと思うて、
オンラインで研修会をやったけえ。
その時のことを書いてみるけえね。

うちらは10月に初めてのオンライン研修会をやったんよ。
「令和2年度第1回HIV/AIDS専門カウンセラー研修会」っていう研修会で、
いつもは泊りがけでやっとったし、意見交換の時間もようけ取って、
参加者同士が顔の見える関係になれるのが、この研修会のいい所じゃと思っとたんよ。
でも、オンラインじゃあ、いつも通りにはいかんじゃろうって悩んだんよ。

主催のうちらも慣れとらんけど、参加者も初めてのオンライン研修会かもしれんけえ、不具合があるかもしれんと思うて心配じゃったんよ。
それで、スタッフの杉本さんがZoomの機能をえっと調べて、事前の説明を参加者に送って、当日の開始前に流すスライドも作ってくれたんよ。
そのスライドを何個か貼っておくけえ、見てや。

結局、プログラムは、いつもやっとる事例検討とロールプレイは無しにして、
講義とグループディスカッションにしたんよ。

Zoomでは、ブレイクアウトルームいう機能があって、オンラインでもグループに分かれて話ができるんじゃけえ、便利じゃね。
グループ毎にスタッフが入って、みんなが話しやすいように気を配ってくれたんよ。
初めてのことでどうなるか心配じゃったけど、話しやすかったって言うてくれる人もおっちゃって、ほっとしたんよ。

講義の質疑応答も質問しにくいじゃろうと思うて心配しとったんじゃけど、チャットに記入してくれる人がようけおって、
そのうち手を上げて質問してくれる人もおって、みんながしっかり関心を持ってくれとることに、うちらは嬉しくなったんよ。

研修会に参加することで、参加者が「HIV患者の支援に役立つ情報を知りたい」「経験者のアドバイスがほしい」と思ったときに、
気兼ねのう聞ける相手ができたら思うて、いつも研修会をやっとるんよ。
オンラインじゃけえ、直接は会えんかったけど、ちいとはみんなの役に立てたかもしれんなって、手応えみたいなんを感じたんよ。

うちらがやりよる研修会の情報は、中四国エイズセンターホームページの「研修会・会議のご案内」のコーナーに載っとるけん、時々見てえや。
それから、うちらは出前研修っていうんもやりよるけん。「出前研修のご案内」のページも見てえや。

2021/02/12
Category: - 研修会・会議・講演等

3密について

年の瀬も迫りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。室長の藤井です。新型コロナウイルス感染拡大は、ついに広島でも猛威を振るうようになりました。ご存じの通り、人口比では東京の1.5倍の新規感染者が見つかる有様です。
エイズ・HIV新規感染も東京、大阪から若干遅れてその波がやってきたように、新型コロナウイルスも同様だな、と思うこの頃です。
そういえば、3密 は流行語大賞を取りましたね。HIVには関係ないのですが、3密についてちょっと私の意見を述べたいと思います。

言うまでもなく、密集、密閉、密接なのですが、そのうちどれを避けるのが最も効果的な感染予防になるのでしょうか?
密集していても、お互いにしゃべらなければ、あるいはマスクをして声を出すのであれば、感染は予防できるようです。これはスポーツのイベントで感染クラスターが出ていないことでも分かります。
次は、密閉ですが、冬にインフルエンザをはじめ、いろんなウイルス感染症が流行るのは、換気が不十分な環境 も一因に挙げられます。寒いのでなかなか窓を開けっぱなし、ということができません。新型コロナウイルス第3波の原因は、GOTOトラベル となっていますが、北海道が先に流行りはじめたのは、寒くなり他地域に比べて暖房が早く始まったからではないでしょうか? よく考えると8月にも第2波がありました。今年は梅雨明けが遅く、7月いっぱいはそんなに暑い日がありませんでしたが、8月になって本格的に暑くなり冷房を使うようになった……ということは考えられるのではないかと思います。
さて最後に 密接です。政府の閣議や各委員会を見ても密接は明らかです。さらに政治家は会食という密接の場面を今まで多く経験していますが、他国と違いクラスターは発生していません。なぜでしょうか?
これも私の勝手な想像ですが、彼らは会食の時に、大皿を取り分けて食べるということがないでしょうし、さらに居酒屋ほど隣との距離が密接ではないと思われます。接待を伴う飲食店とか居酒屋、カラオケなどがやはり感染の機会になるのでしょう。
今年の日本エイズ学会のシンポジウムで、岩室紳也先生が「HIV感染対策から学ぶCOVID-19対策」の講演をされました。居酒屋などで感染機会を減らす具体的な方法(大皿料理の場合の取り皿やコップの位置など)について、分かりやすく解説されていらっしゃいました。一見の価値あり です。(といっても、今日までだった!)

2020/12/23
Category: - 学会 - お知らせ

今年のエイズ学会はオンラインじゃけぇ

みなさまこんにちは。
ソーシャルワーカーの大成です。
このブログでははじめましてで、慣れない作業にどぎまぎしています。
さてさて。今年の日本エイズ学会学術集会・総会はオンラインで開催されました。
既に参加してシンポジウムなど聞かれている方も多いかもしれませんね。
私も、11/27~29はライブ配信を聴き、その後は合間を縫ってオンデマンドでの各発表を聴いています。
 
印象的だったことをいくつか紹介します。
コロナ禍ということもあって、COVID-19対策のテーマが取り上げられていて、岩室先生の【正解依存症】という言葉がとても刺さりました。[私は普段、人に対して自分の正解を押し付けていないだろうか]と目から鱗です。世間一般には正解とされることを突き付けられて、辛い気持ちになる人たちがいるかもしれないこと、その人にとっての正解は私の正解ではないかもれないこと、とても考えさせられます。
それから、ヘルスリテラシーについてです。健康情報を入手し、評価して活用するための知識や意欲・活動をヘルスリテラシーといいますが、コミュニティの力、ピアの可能性に着目したシンポジウム内容にとても共感し勉強になりました。
オンラインとなったおかげで、より多くのテーマを聴き、学ぶことができたと思う一方で、人びとの熱意を生で感じることや顔を合わせて笑い合うことが出来ないことの寂しさを思いました。
この度は私も拙いながらも発表をさせて頂く機会を持ち、とても貴重な学会でした。
今年は様々な生活様式の変容で、研修を受ける機会や学びのタイミングが限られていましたが、そんな思いを一掃してくれたエイズ学会です。
ありがとうございました。

写真は広島大学病院内に掲げられている白鵬関の優勝額です。
何を隠そう私はお相撲が大好きです。本院とモンゴル国立がんセンターとが交流のある縁で白鵬関から寄贈されたそうです。あまりの大きさにびっくりですね。写真では伝わりにくいですが、私の目はハート、口元はデレデレになっています。お見せ出来ずに残念。

2020/12/21
Category: - 学会

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版