中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

YouTubeに動画公開したんよ!! ~アプリ「せるまね」の使い方~

皆さま、こんにちは。

広島生まれ、広島育ちのソーシャルワーカー重信です。

コロナ禍と言われ始めて、すでに1年半が経過しましたが、皆さまはおうち時間をどの様に過ごされていますか?
私は、YouTubeを見ながら体を動かそうと思い、ヨガマットを買いました!!

が、今は丸めて部屋の隅に立てかけてあるなんて、誰にも言えません・・・。

今週末から再開しようと思います!!

さて、このブログをご覧いただいている皆さまの中には、働き方が変わり、生活スタイルが大きく変化された方もいらっしゃると思います。

生活スタイルが変化すると、服薬時間や通院日の管理にも影響が出てきそうと心配ではありませんか?

そんなご不安がある方にお勧めしたいものが、本院が配信している、『通院/服薬継続支援アプリ せるまね』です! 

「せるまね」は服薬や通院を忘れないように、アラームで教えてくれる機能も持っていて、ご自身での管理をサポート致します。ダウンロードがまだの方はぜひこの機会にお試しください。 

「せるまね」〜病院受診&服薬をサポートする管理アプリ|一般・患者の皆様へ|中四国エイズセンター (aids-chushi.or.jp)

 

そして、今回お伝えしたい内容ですが、この度、アプリの使い方動画をYouTubeで配信することに致しました!!!!!!!

企画、撮影、編集は地元広島で活躍される、若き映像クリエイターにお願いをして、薬の登録や受診日の登録、実際の使い方までを説明する動画となっています。加えて、知りたい項目からも見ることができるように、タイムラインも付けています。

また、本院薬剤師であるSOUが満を持してユーチューバーデビューを果たした、記念すべき初作品でもあり、アプリの使い方を心地よい声で丁寧にご案内しています。

手前味噌ではありますが、一見の価値ありです!!

今動画は患者さんはもちろん、患者さんにアプリをご紹介してくださる医療従事者の皆さまにもぜひ、説明ツールとしてご活用して頂けますと幸いです。

皆さまの生活がより良いものになりますよう、スタッフ一同心より祈っております。   ◆せるまねアプリの使い方動画~毎日の服薬/受診日時/自立支援医療の手続きを忘れないために自分で管理できるアプリを使ってみよう~ – YouTube


◆最後に、改めてアプリ「せるまね」の機能をご紹介します。

機能①【服薬の記録】服用している薬剤や服用時間等を登録後、毎日の服用後に服薬ボタンを押すと、服薬スタンプ表に記録されます。

機能②【服薬忘れ防止】万が一、設定した服用時間に服用できなかった場合は、アラームで服用を促してくれます。

機能③【受診忘れ防止】次回受診日を登録すると、アラームで知らせてくれます。

機能④【検査結果の記録】CD4数やHIVウイルス量、腎機能、HIV以外の性感染症の検査結果等を入力して、記録を振り返ることができます。

機能⑤【自立支援医療の更新忘れ防止】医療費助成制度である自立支援医療の有効期限を登録すると、更新申請時期をアラームで知らせてくれます。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました♪

皆さまのおうち時間が、HAPPYで充実したものとなられますように。

2021/07/27
Category: - お知らせ

看護師研修会を開催しました

医療対策室の看護師、佐々木です。

先日、第41回看護師のためのエイズ診療従事者研修をオンラインで開催しました。

 

コロナ禍でも感染予防対策をとりながら、

なんとか集合開催が出来ればと準備していましたが、

広島は緊急事態宣言が出ていた時期でもあり、集合開催は断念せざるを得ず

看護師研修としては初のオンライン開催となりました。

 

受講者は広島県、愛媛県から参加され、

「初めてのオンライン研修会です」という方もいらっしゃいましたが

皆さん、講義中にチャットを活用して積極的に意見を寄せてくださいました。

 

また講師の先生は、仙台、東京、高知と、全国各地から講義を頂き、

これぞオンラインのメリット!という研修会となりました。

 

次回、7月29.30日に同じ内容で第42回の研修を予定しています。

受講予定の皆さん、画面越しではありますが、お会いできるのを楽しみにしております。

 

さて、話は変わりますが

この写真は、広島大学病院の屋上庭園です。

 

ご存じの方もいらっしゃると思いますが

ここには多くの木々が茂り、季節ごとに色々な花が咲いています。

 

 

 

あちこちにベンチがあり、

患者さんが受診の合間にくつろいでいたり、

職員がお昼ご飯を食べていたり。

だんだんと暑くなってきましたが

そよそよと抜ける風が心地よく癒しスポットです。

広島大学病院に来られた際には、

ぜひ屋上庭園に上がってみてくださいね~。

2021/06/30
Category: - 研修会・会議・講演等

クイズDEエイズを作ったんよ。

新型コロナウイルスの感染拡大もようやく落ち着き始め、春めいてきた今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

看護師の後藤です♪
前回の喜花さんに続き、広島弁でかいてみたいと思ったのですが、挫折しました。
(話すのは簡単だけど、文字にするのは難しいですね~。)

さて、このたび、広島大学病院エイズ医療対策室で、クイズを解きながらHIVやAIDSについて学べるツール『クイズDEエイズ』を中国四国エイズHP上に作成しました~!!
https://www.aids-chushi.or.jp/

私は看護師としてHIV/AIDSの分野に携わった経験がなく、患者さんを担当した経験もない状況でこの領域に飛び込みました。特に関心がないというわけではなかったのですが、HIV/AIDSに関する情報は風のたより!?に聞く程度でした。

そんな私がこの領域にきて一番驚いたのは、抗HIV薬が副作用も少なく、とってもよく効くということ!!

HIVの治療はすごく進歩しているのですねえ!

一般の方もAIDS=不治の病のイメージをお持ちの方もまだ多いのではないかと思います。

そんな状況を少しでも解消するツールとしてこのクイズDEエイズをお役立てくださればうれしいです♪

医療従事者向けと、一般の方向けがあります。

医療従事者の問題数は全部で25問あって10問ずつランダムに出題されます。

一般向けは全部で18問あって8問ずつランダムに出題される設定になっています。

問題は何パターンか出題されるので、復習も兼ねて何回かやってみてください♪

『クイズDEエイズ』ぜひやってみてや~!おすすめじゃけえ!

2021/03/18
Category: - お知らせ

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版