中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

今年も医師研修会開催!!

久しぶりのブログの更新です!!
2年近くは止まっていたでしょうか…(汗)
 
広島大学病院のHIV診療医療チームの新しくメンバーに加わり、
余力が出てきた分、ブログも随時更新していく予定です!!
 
今回の内容は、2013年7月14日(日)に
「第7回中国四国地方エイズ診療医師のための研修会」
を広島大学病院で開催したことのご報告です。
 
まずは今年の研修会ですが、今回で7回目!!
もう少しで2ケタ!!…って少し気が早い感じがしますが、
とにもかくにもHIV診療に興味があると言ってくださる皆様方に支え
られ、毎年開催し続けることができてます。ありがとうございます。
 
しかし7月14日って…、3連休のど真ん中!?
普通ならゆっくり羽伸ばしたいところですが、
5県より11名もの先生方に参加していただきました!!
 
当日のスケジュールは11:00から受け付け開始で、終了が17:30。
途中1時間ほどの昼食タイムがありますが、
それを差し引いても講演・講義・ワークショップ・ロールプレイetcで
合計5時間以上の例年通りみっちり研修会でした。
参加者は“うたた寝”をしている間もありませんでした。
みなさま大変お疲れ様でした!!
 
今回の講演をしていただいた方は、
『北海道大学病院 血液内科 遠藤 知之先生』
講演内容は、
『HIV感染症の基礎知識、最新の治療』
 
 
ん?北海道から?間違い?
 
 
いえいえ、本当です。
この研修会のためだけに遠路はるばるいらして下さったのです。
 
講演内容も題名は難しくてとっつきにくい感じですが、
北海道の(がっかり?!) 3大観光名所などのお話からみんなの心を
がっちり掴み、HIVの基礎知識から実際の診療までわかりやすく丁寧
に講演していただきました。こちらがその風景。
遠藤先生
この写真だと先生のお顔やお人柄などが全く伝えられないのが残念。
(どちらの方かって?!白シャツの立っていらっしゃる方ですよ(笑))
 
言葉で伝えるならば、THE 優しい。
お顔にもそれが滲み出ていらっしゃいました。
遠藤先生、広島までご講演にいらしてくださり、
本当にありがとうございました!!
 
講演以外の風景はこちら。
グループワーク①グループワーク②
こちらは2グループに分かれてのワークショップの風景です。
それぞれの症例に対して問診したい内容は?検査は?治療は?といっ
た感じで順を追って話し合い、実際のHIV診療の進め方を体験できる
チュートリアル式授業でした。それぞれ活発に意見を交し合うため、
眠くならないのでこの形式は○ですね。
 
告知場面
こちらはHIV告知の仕方を学んだ後のロールプレイの様子です。
(トークショーで盛り上がってるわけではありません(笑))
(ちなみに右が本ブログ作成者のヤマサキです。いつ見ても歯が出…)
 
これがなかなか難しい…。
 
HIVと告知した時の相手の反応を踏まえての共感や言葉かけ、
家族がいる場合はその方々にどう告知するか、
患者が家族に伝えて欲しくないとの意思がある場合はどのように
したらよいかなど、ここで書き始めたらキリがないほど注意しなけ
ればならないこと盛りだくさん。
 
いきなり実際の現場で説明という状況でなくてよかった…。
研修会で疑似ではあるけれど、告知の体験ができてよかったです。
 
閉会式
これにて閉会。
長丁場ではありましたが、非常に有意義な研修会でした。
 
自分だけがそう思ってるだけだろうと思われるかもしれませんが、
参加してくださった先生方お一人ずつから感想をいただき、どの先生
方からも同じようなお言葉がいただけたので、やっぱり良い研修
だったのでしょう。うんうん。
 
 
人前で感想述べたら「表面的にいいことを言うに決まってるじゃない
か?!」と思われているブログを見て下さっているそこの方!!
 
匿名で行った研修会参加後のアンケートが実はあるんですよ。
第1~6回の本研修会のアンケート結果をDr齊藤がまとめてくださって
いるので、そのデータを拝借して、別枠で公表します!!乞うご期待!!
 
 
なんとなくエイズって…と取っ付きにくいようなイメージをもたれて
いらっしゃる方は多いのではと思いますが、そのイメージを払拭でき
るように、まずはこのブログを通して親近感を持っていただければと
いう想いでブログ更新に励んでいきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いします☆
(ヤマサキ)

2013/07/19
Category: - 研修会・会議・講演等

ソーシャルワーカー・ネットワーク会議が開催されたんよ!

 10月1日(土)、2日(日)に、「第7回HIV/AIDSソーシャルワーカー・ネットワーク会議」が三原国際ホテルと県立広島大学三原キャンパスの両会場で開催されました。今年は7県より13名の方が参加されました。
 日程
●第1日●
平成23年10月1日(土)
13:00 – 開会挨拶/説明/参加者・スタッフ自己紹介等
13:30 – 会議
    講義 「HIV の基礎知識」
    (広島大学病院エイズ医療対策室 看護師 鍵浦文子)
14:45 – 休憩
14:55 – 話題提供 「事例報告」 
      (事例提供 愛媛大学医学部附属病院 MSW 小野恵子)
15:50 – 休憩
16:00 – 総合討論
17:30 - 終了
●第2日●
平成23年10月2日(日)
9:00  - 講義 「HIV/AIDS患者への支援論入門」
          (県立広島大学保健福祉学部 准教授 大下由美)
12:00 - 休憩
13:00 - 演習 「HIV/AIDS患者へのロールプレイによる援助技術の体験的学習」
          (県立広島大学保健福祉学部 准教授 大下由美)
    グループディスカッション/参加者ロールプレイ
14:45 - 参加者感想・アンケート記入
15:00 - 閉会
  1日目は、まずHIV/AIDSに関する基本的な知識を鍵浦看護師よりお話していただきました。講義はHIV/AIDS患者さんの経験のない参加者の方にも大変わかりやすいと好評でした。次に、愛媛大学医学部附属病院の小野先生に事例提供していただき、県立広島大学の大下先生とともに検討していきました。その中では、クライエントの生活問題は対人関係の中で生成されているという見方を学習し、問題の見方、解決を作り出す支援について学びました。
  1日目は理論的な学習が主でしたが、2日目はそれを実践するための技術を学びました。2日目の演習講義では、参加者の方にクライエント役・ソーシャルワーカー役になっていただき、前日検討した事例を用いて面接場面のロールプレイをしてもらいました。ソーシャルワーカーは「~したほうが良い」という立場に立たない!ということがよく表れている面接で、とても感動しました。
 「ロールプレイの時間がもっと多めにほしい」という意見、「支援論を事例を通して説明していただいたので大変わかりやすかった」といった感想をいただきました。
  私も他院のソーシャルワーカーの方に、業務内容やその他いろいろ教えていただきました。エイズ医療対策室でソーシャルワーカーとして働いていますが、まだまだとても未熟なので…。今回の研修会は得るものが多く有意義なものになりました。
(石原)

2011/10/24
Category: - 研修会・会議・講演等

今年の四国コミュニケーションスキル向上のための会議は徳島でやったんよ

ご報告が遅くなりましたが、6/11,12に「平成23年度四国地方エイズ拠点病院コミュニケーションスキル向上のための会議」を徳島大学病院の日亜メディカルホールで行いました。
今年は、症例経験5例以内のHIV診療初心者の多職種を対象に行いました。
1日目は、最初に「簡単にわかるエイズ診療」と題して、国立大阪医療センターの渡邊大先生に講義をしていただきました。
次に、会場でもある徳島大学病院から症例を報告していただき、検討しました。
その後、喜花よりコミュニケーションスキルについて簡単なレクチャーを行ってから、ロールプレイの準備に入りました。
今年は、ぜひロールプレイをしたいという医師の参加者が多く、積極的に参加してくださることが嬉しかったです。
2日目はいよいよ各職種のロールプレイです。
ロールプレイをしてくださった皆さんは緊張しながらも、頑張って取り組んでくださいました。
上手なロールプレイをすることが目的ではなく、この場面でどんな配慮が必要なのかを考えることが目的と伝えてから開始しました。
ロールプレイ後のグループディスカッションでは、その意図をみなさん十分にくんでくださり、あらさがしに走ることなく、建設的な議論をしてくださいました。
ディスカッションで出てきた疑問点については、スタッフから参加者全体にお伝えすることができました。
参加者の皆さんからは、他職種のロールプレイを見ることができチーム医療する上で参考になった、といった感想を多くいただきました。
講師やスタッフのみなさん、そして積極的に取り組んでくださった参加者の皆さんのおかげで有意義な会になったと思います。
また、会場からは眉山がよく見え、小雨が降るしっとりとよい景色でした。
最寄りの無人駅、蔵本駅のレトロな雰囲気も素敵でした。

(喜花)

2011/06/23
Category: - 研修会・会議・講演等

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版