中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

お知らせ

YouTubeに動画公開したんよ!! ~アプリ「せるまね」の使い方~

皆さま、こんにちは。

広島生まれ、広島育ちのソーシャルワーカー重信です。

コロナ禍と言われ始めて、すでに1年半が経過しましたが、皆さまはおうち時間をどの様に過ごされていますか?
私は、YouTubeを見ながら体を動かそうと思い、ヨガマットを買いました!!

が、今は丸めて部屋の隅に立てかけてあるなんて、誰にも言えません・・・。

今週末から再開しようと思います!!

さて、このブログをご覧いただいている皆さまの中には、働き方が変わり、生活スタイルが大きく変化された方もいらっしゃると思います。

生活スタイルが変化すると、服薬時間や通院日の管理にも影響が出てきそうと心配ではありませんか?

そんなご不安がある方にお勧めしたいものが、本院が配信している、『通院/服薬継続支援アプリ せるまね』です! 

「せるまね」は服薬や通院を忘れないように、アラームで教えてくれる機能も持っていて、ご自身での管理をサポート致します。ダウンロードがまだの方はぜひこの機会にお試しください。 

「せるまね」〜病院受診&服薬をサポートする管理アプリ|一般・患者の皆様へ|中四国エイズセンター (aids-chushi.or.jp)

 

そして、今回お伝えしたい内容ですが、この度、アプリの使い方動画をYouTubeで配信することに致しました!!!!!!!

企画、撮影、編集は地元広島で活躍される、若き映像クリエイターにお願いをして、薬の登録や受診日の登録、実際の使い方までを説明する動画となっています。加えて、知りたい項目からも見ることができるように、タイムラインも付けています。

また、本院薬剤師であるSOUが満を持してユーチューバーデビューを果たした、記念すべき初作品でもあり、アプリの使い方を心地よい声で丁寧にご案内しています。

手前味噌ではありますが、一見の価値ありです!!

今動画は患者さんはもちろん、患者さんにアプリをご紹介してくださる医療従事者の皆さまにもぜひ、説明ツールとしてご活用して頂けますと幸いです。

皆さまの生活がより良いものになりますよう、スタッフ一同心より祈っております。   ◆せるまねアプリの使い方動画~毎日の服薬/受診日時/自立支援医療の手続きを忘れないために自分で管理できるアプリを使ってみよう~ – YouTube


◆最後に、改めてアプリ「せるまね」の機能をご紹介します。

機能①【服薬の記録】服用している薬剤や服用時間等を登録後、毎日の服用後に服薬ボタンを押すと、服薬スタンプ表に記録されます。

機能②【服薬忘れ防止】万が一、設定した服用時間に服用できなかった場合は、アラームで服用を促してくれます。

機能③【受診忘れ防止】次回受診日を登録すると、アラームで知らせてくれます。

機能④【検査結果の記録】CD4数やHIVウイルス量、腎機能、HIV以外の性感染症の検査結果等を入力して、記録を振り返ることができます。

機能⑤【自立支援医療の更新忘れ防止】医療費助成制度である自立支援医療の有効期限を登録すると、更新申請時期をアラームで知らせてくれます。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました♪

皆さまのおうち時間が、HAPPYで充実したものとなられますように。

2021/07/27
Category: - お知らせ

クイズDEエイズを作ったんよ。

新型コロナウイルスの感染拡大もようやく落ち着き始め、春めいてきた今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

看護師の後藤です♪
前回の喜花さんに続き、広島弁でかいてみたいと思ったのですが、挫折しました。
(話すのは簡単だけど、文字にするのは難しいですね~。)

さて、このたび、広島大学病院エイズ医療対策室で、クイズを解きながらHIVやAIDSについて学べるツール『クイズDEエイズ』を中国四国エイズHP上に作成しました~!!
https://www.aids-chushi.or.jp/

私は看護師としてHIV/AIDSの分野に携わった経験がなく、患者さんを担当した経験もない状況でこの領域に飛び込みました。特に関心がないというわけではなかったのですが、HIV/AIDSに関する情報は風のたより!?に聞く程度でした。

そんな私がこの領域にきて一番驚いたのは、抗HIV薬が副作用も少なく、とってもよく効くということ!!

HIVの治療はすごく進歩しているのですねえ!

一般の方もAIDS=不治の病のイメージをお持ちの方もまだ多いのではないかと思います。

そんな状況を少しでも解消するツールとしてこのクイズDEエイズをお役立てくださればうれしいです♪

医療従事者向けと、一般の方向けがあります。

医療従事者の問題数は全部で25問あって10問ずつランダムに出題されます。

一般向けは全部で18問あって8問ずつランダムに出題される設定になっています。

問題は何パターンか出題されるので、復習も兼ねて何回かやってみてください♪

『クイズDEエイズ』ぜひやってみてや~!おすすめじゃけえ!

2021/03/18
Category: - お知らせ

3密について

年の瀬も迫りましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。室長の藤井です。新型コロナウイルス感染拡大は、ついに広島でも猛威を振るうようになりました。ご存じの通り、人口比では東京の1.5倍の新規感染者が見つかる有様です。
エイズ・HIV新規感染も東京、大阪から若干遅れてその波がやってきたように、新型コロナウイルスも同様だな、と思うこの頃です。
そういえば、3密 は流行語大賞を取りましたね。HIVには関係ないのですが、3密についてちょっと私の意見を述べたいと思います。

言うまでもなく、密集、密閉、密接なのですが、そのうちどれを避けるのが最も効果的な感染予防になるのでしょうか?
密集していても、お互いにしゃべらなければ、あるいはマスクをして声を出すのであれば、感染は予防できるようです。これはスポーツのイベントで感染クラスターが出ていないことでも分かります。
次は、密閉ですが、冬にインフルエンザをはじめ、いろんなウイルス感染症が流行るのは、換気が不十分な環境 も一因に挙げられます。寒いのでなかなか窓を開けっぱなし、ということができません。新型コロナウイルス第3波の原因は、GOTOトラベル となっていますが、北海道が先に流行りはじめたのは、寒くなり他地域に比べて暖房が早く始まったからではないでしょうか? よく考えると8月にも第2波がありました。今年は梅雨明けが遅く、7月いっぱいはそんなに暑い日がありませんでしたが、8月になって本格的に暑くなり冷房を使うようになった……ということは考えられるのではないかと思います。
さて最後に 密接です。政府の閣議や各委員会を見ても密接は明らかです。さらに政治家は会食という密接の場面を今まで多く経験していますが、他国と違いクラスターは発生していません。なぜでしょうか?
これも私の勝手な想像ですが、彼らは会食の時に、大皿を取り分けて食べるということがないでしょうし、さらに居酒屋ほど隣との距離が密接ではないと思われます。接待を伴う飲食店とか居酒屋、カラオケなどがやはり感染の機会になるのでしょう。
今年の日本エイズ学会のシンポジウムで、岩室紳也先生が「HIV感染対策から学ぶCOVID-19対策」の講演をされました。居酒屋などで感染機会を減らす具体的な方法(大皿料理の場合の取り皿やコップの位置など)について、分かりやすく解説されていらっしゃいました。一見の価値あり です。(といっても、今日までだった!)

2020/12/23
Category: - 学会 - お知らせ

12/2(土)広島でイベントがあるんよ♪ <世界エイズデー>

こんにちは。ソーシャルワーカーの村上です。
お鍋が食べたくなる季節になりましたね。皆さま、食べ物や衣類でちゃんと体を温めておられますか?
私は、今晩あたりキムチ鍋でもと考えています(#^.^#)
さて、今年もやって来ます!!
12月1日と言えば、『世界エイズデー』。
広島市では毎年、市内中心地、人が行き交うパルコ裏のアリスガーデンでHIV/AIDSについて多くのことを学べるイベントを開催します。
その名も「レッドリボンキャンペーンin広島2017」
日時:平成29年12/2(土)13時~18時
(HIV臨時検査は13時~17時半まで)
場所:パルコ本館裏アリスガーデン
内容
HIV/AIDSの予防
感染者への差別や偏見の解消
HIV検査の受検促進
正しい知識の普及啓発
今年も医師や看護師、検査技師、心理士の他に関連団体や大学生など多くのスタッフが参加します。
一人でも多くの方に関心をお持ちいただけるよう取り組んでいます。
ご関心がある方はぜひ12/2(土)にアリスガーデンに!!!!!!!!
 
そして、もう一つHIV関連イベントのお知らせです。
HIV陽性者は世界でも多くの方が、生きづらさと共に生きる喜びを感じておられます。
この度、「ひろしま国際センター」にてドキュメンタリー映画『アンナの道~私からあなたへ~』が上記イベントと同日に上映されます。
タイのHIV陽性者が女性として、母として、社会の一員として生きる様が描かれています。
上映後は、監督から映画にまつわるお話やタイの文化等を伺うトークイベントもありますので、ぜひ多くの方のご関心を期待しております。
日時:平成29年12月2日(土)14時~16時(13時半開場)
場所:ひろしま国際センター 交流ホール
広島市中区中町8-18 広島クリスタルビル6F
参加費:500円(茶菓子付き)
◆ ↓お申し込みは下記サイトまで↓ ◆ *12/1締切
https://docs.google.com/forms/d/1hP1Zb2dYUj2zZbOS9OyRcFdgNDHCVTjYKWajKjJf8Oc/viewform?edit_requested=true

 

2017/11/13
Category: - イベント - お知らせ

6月24日(金)に検査相談研修会を開催するけんね♪

皆さまこんにちは☆
臨床心理士の杉本です。
この4月からエイズ医療対策室に勤務しております。
どうぞ,よろしくお願いします!(`・∀・′)b”
最近,広島では徐々にあったかくなってきて,何だか雨の日も多い気が…。
そろそろ梅雨入りですかね…(≡д≡;)
 
さて,今回,6月24日に開催する研修会についてご案内です。
平成28年度HIV抗体検査相談従事者のためのカウンセリング研修会を開催します。
日時:2016年6月24日(金)13:00~16:30
会場:ホテルセンチュリー21広島(広島市南区的場町1-1-25)
プログラム:講義「HIV感染症の基礎知識」 講師 藤井輝久先生(広島大学病院 輸血部 准教授)
講義「HIV抗体検査相談における対応のポイント」 講師 内野悌司先生(広島大学保健管理センター 臨床心理士)
「HIV陽性者のお話し」
「検査相談場面のロールプレイ」 進行 藤原良次先生(NPO法人りょうちゃんず 理事長)
中国四国ブロックにおいてエイズ治療拠点病院職員やエイズ派遣カウンセラー,保健所職員などHIV抗体検査相談に従事されている方を対象とした研修会になっています。
参加費は無料です。希望者には本事業により旅費の支給が可能ですので,申込の際に支給希望の有無をご記入ください。
申込み方法は研修会案内ページをご覧ください。
 
この研修会は,昨年度から始まった新しい研修会です。2016年2月に開催し,18名の方にご参加いただきました。
昨年度の研修会の様子を少しお見せしますと…
無題6
 
 
 
藤井先生の講義の様子
 
 
 
無題4
 
NPO法人りょうちゃんずの理事長 藤原先生の進行で行われたロールプレイの様子
 
 
今年度は6月の開催となり,この研修会と皮切りに様々な研修会を開催していく予定となっています!!
また,報告ができればと思いますので,どうぞ,よろしくお願いいたします☆

2016/05/12
Category: - 研修会・会議・講演等 - お知らせ

心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)の申込締め切りを延長しとるよ

kiみなさま、こんにちは。

今月末に開催する研修会の定員に若干の空きがありますので、申し込み締め切りを延長しました。
「平成27年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)」という研修会です。
HIVカウンセリングに携わる立場の方にはもちろんですが、違う領域で働かれている心理職の方にも、普段の臨床で活かせる内容にしたいと考えて企画しています。
HIVについて知識ゼロの方でも理解していただけるよう、当院エイズ医療対策室長の藤井より「HIV感染症の基礎知識」の講義をいたします。難しい内容を医療的知識のない人にも分かりやすく話してくれると、毎年好評の講義です。
また、講義「HIVカウンセリングについて」では、HIVカウンセリングはなぜ必要なのか、具体的にはどんなことをしているかなど、喜花よりお話しさせていただきます。チーム医療の中で心理職として貢献したいと考えている方にも役立つ話ができればと思っています。
無題また、今回は外部講師として、広島文教女子大学の松髙由佳先生に「性の多様性と心理的支援」と題してお話しいただきます。松髙先生は、セクシュアルマイノリティの心理的支援のために心理士に必要な知識や態度についての研究もされておられます。援助を求めて来られたセクシュアルマイノリティの方を有効に支援するために、どの領域で働く心理職にとっても役立つお話が聞けると思います。
研修会の概要です。
 
H27年度心理職対象HIVカウンセリング研修会(初心者向け)

【日時】 平成27627日(土) 10001630

 【主催】 広島県臨床心理士会(厚生労働省中国四国ブロックエイズ対策促進事業)・広島大学病院エイズ医療対策室

 【参加資格】 中国四国ブロック内のエイズ治療拠点病院勤務の心理職、派遣カウンセラー、HIVカウンセリングに関心のある臨床心理士・大学院生などHIVカウンセリング経験者も参加できます)

【会場】 広島大学病院 臨床管理棟3階 2会議室(広島市南区霞123

【プログラム】
HIV感染症の基礎知識」
   講師 広島大学病院エイズ医療対策室 藤井 輝久
   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司
HIVカウンセリングについて」
   講師 広島大学病院エイズ医療対策室 喜花 伸子
   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司
「性の多様性と心理的支援」
   講師 広島文教女子大学  松髙 由佳先生
   座長 広島大学保健管理センター 内野 悌司
「事例検討」
   事例発表者: 県立広島病院 安食 美葵先生
   コメンテーター:広島文教女子大学  松髙 由佳先生
 
参加申込の期限を、6/17(水)とさせていただきました。
ご参加を希望される方は、中四国エイズセンターのホームページに開催要項と申込書が掲載されていますので、メールかFAXでお申し込みください。

(喜花)

2015/06/02
Category: - 研修会・会議・講演等 - お知らせ

ACCの1ヶ月研修に行って来るけえ。

看護師 ファイト
 
 
 
 
 
 
(1つ前のブログは中途半端で公開になってしまいました。すみません。)
10月6日~31日までACCの1ヶ月研修に行ってきます。
この間不在にしておりますが、よろしくお願いいたします。
頭をスカスカにさせていっぱい吸収していきたいと思います(?)
患者さんからは「新宿2丁目の××に行って来て!!」とか
「研修がんばって!!」等の励ましのお言葉をいただきました
(;_;)/
1ヶ月間、いつもと違う気分で生活してみます。
でも看護体制調査の仕事には追いかけられているので、
そこは変わりませんが・・・・。(看護師:小川)
 

2014/10/03
Category: - お知らせ

4月の休診

4月14日(木)は斉藤医師休診としていましたが、通常通り診察可能となりました。

2011/04/01
Category: - お知らせ

看護師交代

4月1日から広島大学病院HIV医療チームのメンバーが変わります。
看護師の小川良子さんから、木下一枝さんになります。
木下さんは以前、血液内科の病棟に勤務されていたこともあり、看護部のエイズワーキングのメンバーとして活動されていました。
HIV医療チームは新メンバーも加わり、心機一転頑張ってまいります。
  鍵浦

2011/04/01
Category: - お知らせ

1月の休診

1月13日(木)は藤井医師休診
1月24日(月)は斉藤医師休診です。

2011/01/11
Category: - お知らせ

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版