中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

身体も心もリフレッシュするとええよ☆

皆さま
こんにちは。

カウンセラーの杉本です。
もう8月も終わりですね。
今年の夏はいかがでしたでしょうか。
あいかわらず暑い日が続き、マスク生活もなかなか厳しかったですね。
気づけば1年以上、「自粛」、「イベント中止」、「会食禁止」など、
余暇活動や息抜きですら、「不要不急」とされてしまい、

リフレッシュが難しいと感じている方も多いと思います。
そうなると、つい間食が増えたり飲酒やタバコの量が増えてしまいますよねー…。
むしろ、他に何の楽しみがあるの?と思ってしまうほどです。
(わかる、わかる)

現代社会においてストレスは誰しも感じながら生きています。
ただ、ストレスに「耐える」ではなく、「解消」や「癒す」ことに加えて、
時にストレスを「回避する」などたくさんの対処スキルを身につけることでストレスとうまく付き合っていくことができます。

普段に取り入れやすい解消法としておすすめしたいのは、ずばり!!
「リラクセーション」
です。

臨床心理学の世界では、筋弛緩法(手のひらや肩に力を入れて脱力する動作を繰り返して気持ちを落ち着かせる方法)や
自律訓練法などがありますが、小難しいことは置いといて。。

 

両腕を大きく上に広げる、肩を大きく回す、いつもより深く呼吸をする
といったことでも十分リラックス効果が得られます。
うそー!?と思った人はお試しに一度実践してみてください。

長時間のPC作業、スマホを見る、テレビを見る、運転…。
これらは前傾になり身体を縮ませる姿勢できることが多い。
(最近、ストレートネックなんてことも言われていますよね)
前傾姿勢ばかりの身体をストレッチでしっかり伸ばすことによって、
①血流やリンパの流れが改善
②気分のリフレッシュ!
とよいことばかり!!

さらに加えると「正しい呼吸」もリラックスにとても効果的なんですよ。
1日にどのくらい呼吸をするかご存知ですか?
おおよそ2万~2万5000回と言われています。
意識して腹式呼吸を行えば、酸素の供給が十分に行われ、
身体の血液循環だけでなく、基礎代謝も上がり、
エネルギーも消費しやすくなるとの報告もあります。

長時間同じ動作が続いているな~、今日一日疲れたな~と思ったら、
お試しでこの方法を実践してみてください。
背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。
この時、おへその下を意識しておなかを膨らませます。
次に、口からゆっくり息を吐き出します。
お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、
吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。


回数は1日5回くらいから始めて、慣れたてきたら10~20回を体調に合わせて
無理なく楽しみながら取り入れてみてください。

それでは、またお会いしましょう~☆

ちゃん、ちゃん♪

2021/08/31
Category: - その他
<< BLOG TOP| >>

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版