中四国エイズセンター

中四国ブロックのエイズケアの包括組織

STAFF BLOG

たいぎいときは休みんさい

こんにちは。久しぶりじゃねえ。
広島県人のもと、呉生まれ横浜育ちのソーシャルワーカー大成です。
思い立って神奈川から広島へ移住して2年半、ラーメンの嗜好は横浜家系から尾道ラーメンへと 変わりはじめ、広島弁にも慣れつつあります。
ちなみに余談ですが、横浜・湘南方面の方言は元SMAP中居くんをイメージください。
例:「私カレー好きじゃん。(うちカレー好きじゃけえ)」
 「野球するべ。(野球しよーやー)」
 「仕事かったりー。(仕事たいぎい)」)
さて只今ソーシャルワーカーは、10/16(土)にオンラインで開催する中国四国ブロックの ソーシャルワーカー・ネットワーク会議、研修会の準備を行っています。
オンラインのため、画面越しの距離感に寂しさはありますが、反面、慣れた場所や遠方から参加できることはメリットですね。

コロナ禍、すなわちストレスという印象も大きいので、この場を借りてスタッフそれぞれの健康法・ストレス発散をご紹介します。  

運動習慣では、、、
・徒歩通勤      ← 通勤時間で5000歩近く歩く!
・ストレッチや筋トレ   ← 仕事の合間やジム、宅トレ、YOUTUBE先生とか!
・ウォーキング     ← 朝活、休日の早朝で朝陽を浴びる効果も!

お次は食事編、、、
・煮あずき   ← 作り置きして食事にプラス!
・タンパク質 ← プロテイン、納豆など大豆製品、玉子、チーズなど乳製品でプラス!
・鉄玉     ← 調理に鉄を入れ鉄分補給!
・まごはやさしい ← め、ま、かめ海藻、さい、かな、いたけキノコ、も!
・腸活     ← 水溶性食物繊維のサプリをプラス!

そして、生活面では、、、
・朝イチバンに歯磨き、歯間ブラシ
・起床時に白湯を一杯
・気づいたときに、深呼吸
・毎日、同じ時間に起き、同じ時間に眠る

みんなそれぞれ色んな工夫していますね。
過ごしやすい気候を機に、身体を動かすことから一緒にいかがでしょうか。
軽い運動でも、セロトニン(痛み緩和、免疫力向上、気分安定)ホルモンが分泌されます。
運動による疲労感は睡眠を良質にし、疲労回復、ストレス解消効果が期待できます。

それでは最後に、旬の食材で、安い・早い・旨いレシピを二品ご紹介!

ナスの八つ裂きナムル(材料:ナス、ごま油、塩、中華だし、炒りゴマ)  

1 洗ってヘタを切ったナスを縦に三か所くらいピーラーで皮を剝く。
2 ナスをラップで包んでレンジでチン(中1本、1分程度)して冷ます。
3 器にごま油(大さじ1)、塩(一つまみ)、中華だし(小さじ1)入れ混ぜておく。
4 冷ましたたナスを縦に手で割いて3の器に入れ混ぜて完成!
調味料はお好みで加減ください。

キノコのめんマヨ炒め(材料:なんでもきのこ1袋、マヨネーズ、めんつゆ)

1 きのこを食べやすい大きさに手で割いてほぐす。
 しめじやエノキなど根本が気になる場合は包丁でカットしてからほぐす。
2 フライパンを火にかけ、マヨネーズ大さじ1程度入れる。
3 マヨが溶け始めたところに、キノコ投入し炒める 。
4 キノコがしんありしたところにめんつゆ大さじ1程度いれ、炒め合わせて完成!

それでは、お読みいただきありがとうございました!
ほいじゃあね。

2021/09/30
Category: - その他

身体も心もリフレッシュするとええよ☆

皆さま
こんにちは。

カウンセラーの杉本です。
もう8月も終わりですね。
今年の夏はいかがでしたでしょうか。
あいかわらず暑い日が続き、マスク生活もなかなか厳しかったですね。
気づけば1年以上、「自粛」、「イベント中止」、「会食禁止」など、
余暇活動や息抜きですら、「不要不急」とされてしまい、

リフレッシュが難しいと感じている方も多いと思います。
そうなると、つい間食が増えたり飲酒やタバコの量が増えてしまいますよねー…。
むしろ、他に何の楽しみがあるの?と思ってしまうほどです。
(わかる、わかる)

現代社会においてストレスは誰しも感じながら生きています。
ただ、ストレスに「耐える」ではなく、「解消」や「癒す」ことに加えて、
時にストレスを「回避する」などたくさんの対処スキルを身につけることでストレスとうまく付き合っていくことができます。

普段に取り入れやすい解消法としておすすめしたいのは、ずばり!!
「リラクセーション」
です。

臨床心理学の世界では、筋弛緩法(手のひらや肩に力を入れて脱力する動作を繰り返して気持ちを落ち着かせる方法)や
自律訓練法などがありますが、小難しいことは置いといて。。

 

両腕を大きく上に広げる、肩を大きく回す、いつもより深く呼吸をする
といったことでも十分リラックス効果が得られます。
うそー!?と思った人はお試しに一度実践してみてください。

長時間のPC作業、スマホを見る、テレビを見る、運転…。
これらは前傾になり身体を縮ませる姿勢できることが多い。
(最近、ストレートネックなんてことも言われていますよね)
前傾姿勢ばかりの身体をストレッチでしっかり伸ばすことによって、
①血流やリンパの流れが改善
②気分のリフレッシュ!
とよいことばかり!!

さらに加えると「正しい呼吸」もリラックスにとても効果的なんですよ。
1日にどのくらい呼吸をするかご存知ですか?
おおよそ2万~2万5000回と言われています。
意識して腹式呼吸を行えば、酸素の供給が十分に行われ、
身体の血液循環だけでなく、基礎代謝も上がり、
エネルギーも消費しやすくなるとの報告もあります。

長時間同じ動作が続いているな~、今日一日疲れたな~と思ったら、
お試しでこの方法を実践してみてください。
背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。
この時、おへその下を意識しておなかを膨らませます。
次に、口からゆっくり息を吐き出します。
お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、
吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。


回数は1日5回くらいから始めて、慣れたてきたら10~20回を体調に合わせて
無理なく楽しみながら取り入れてみてください。

それでは、またお会いしましょう~☆

ちゃん、ちゃん♪

2021/08/31
Category: - その他

YouTubeに動画公開したんよ!! ~アプリ「せるまね」の使い方~

皆さま、こんにちは。

広島生まれ、広島育ちのソーシャルワーカー重信です。

コロナ禍と言われ始めて、すでに1年半が経過しましたが、皆さまはおうち時間をどの様に過ごされていますか?
私は、YouTubeを見ながら体を動かそうと思い、ヨガマットを買いました!!

が、今は丸めて部屋の隅に立てかけてあるなんて、誰にも言えません・・・。

今週末から再開しようと思います!!

さて、このブログをご覧いただいている皆さまの中には、働き方が変わり、生活スタイルが大きく変化された方もいらっしゃると思います。

生活スタイルが変化すると、服薬時間や通院日の管理にも影響が出てきそうと心配ではありませんか?

そんなご不安がある方にお勧めしたいものが、本院が配信している、『通院/服薬継続支援アプリ せるまね』です! 

「せるまね」は服薬や通院を忘れないように、アラームで教えてくれる機能も持っていて、ご自身での管理をサポート致します。ダウンロードがまだの方はぜひこの機会にお試しください。 

「せるまね」〜病院受診&服薬をサポートする管理アプリ|一般・患者の皆様へ|中四国エイズセンター (aids-chushi.or.jp)

 

そして、今回お伝えしたい内容ですが、この度、アプリの使い方動画をYouTubeで配信することに致しました!!!!!!!

企画、撮影、編集は地元広島で活躍される、若き映像クリエイターにお願いをして、薬の登録や受診日の登録、実際の使い方までを説明する動画となっています。加えて、知りたい項目からも見ることができるように、タイムラインも付けています。

また、本院薬剤師であるSOUが満を持してユーチューバーデビューを果たした、記念すべき初作品でもあり、アプリの使い方を心地よい声で丁寧にご案内しています。

手前味噌ではありますが、一見の価値ありです!!

今動画は患者さんはもちろん、患者さんにアプリをご紹介してくださる医療従事者の皆さまにもぜひ、説明ツールとしてご活用して頂けますと幸いです。

皆さまの生活がより良いものになりますよう、スタッフ一同心より祈っております。   ◆せるまねアプリの使い方動画~毎日の服薬/受診日時/自立支援医療の手続きを忘れないために自分で管理できるアプリを使ってみよう~ – YouTube


◆最後に、改めてアプリ「せるまね」の機能をご紹介します。

機能①【服薬の記録】服用している薬剤や服用時間等を登録後、毎日の服用後に服薬ボタンを押すと、服薬スタンプ表に記録されます。

機能②【服薬忘れ防止】万が一、設定した服用時間に服用できなかった場合は、アラームで服用を促してくれます。

機能③【受診忘れ防止】次回受診日を登録すると、アラームで知らせてくれます。

機能④【検査結果の記録】CD4数やHIVウイルス量、腎機能、HIV以外の性感染症の検査結果等を入力して、記録を振り返ることができます。

機能⑤【自立支援医療の更新忘れ防止】医療費助成制度である自立支援医療の有効期限を登録すると、更新申請時期をアラームで知らせてくれます。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました♪

皆さまのおうち時間が、HAPPYで充実したものとなられますように。

2021/07/27
Category: - お知らせ

プロフィール

PROFILE


広島大学病院HIV医療チームのスタッフブログです。

バックナンバー

BACK NUMBER

スマートフォン版PC版